公共料金をクレジット払いにする時のデメリット

この頃は、公共料金も、クレジットカードを使って支払えるようになりました。どの地域で暮らしているかで、クレジットカードを公共料金の支払いに使えるかどうかは異なっているようです。毎月必ず支払いがある公共料金は、クレジットカードのポイントをたくさん貯めることができます。今では、ほとんどの人が日常的にクレジットカードを使っているため、


023

公共料金も対応するようになったというわけです。現在では、クレジットカードのポイントをためるための知恵として、公共料金をカード払いにする人がふえています。ただし、自治体によっては公共料金の支払いをクレジットカードで行うと不利な部分もありますので、よく理解しておくことが重要です。公共料金の支払いをクレジットカードで行うことも弱点についても、把握しておくことが大事になります。公共料金の多くは、口座からの引き落としにしておくと、一定金額を値引きしてくれるということがあります。

銀行口座からの引き落としにした場合に、一定額を割り引くというサービスです。といっても50円割引、せいぜい100円割引くらいのものでいかないのですが、少額であっても、割引であることには無視できないことです。口座振替にした時の割引分と、クレジットカード払いにした時のポイントの入り方を比較して、どちらがよりいいかを考えてみましょう。

公共料金を支払う時には、クレジットカードで払ってポイントを貯めることと、口座からの引き落としにして割引をしてもらうこと、どちらがいいかを考える必要があります。

ハニーココ 楽天

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP